綺麗な水とともに生きる.

暮らしに便利

目を閉じる女性

水は熱を加えることで、温度が上がる。
こうした単純な作用は、生活のいろんな部分に役だっている。
たとえばお風呂。お風呂は誰も水のまま入ることはない。
お湯に水を沸かしてシャワーや風呂桶に入ることで、体を芯から温めることができる。
体は熱を持つことで活発に動くことができるが、冷えると体の機能が低下するため、こうした体を温める昨日は必ず必要になるのである。
昔は火を人力で起こしていたが、今ではガスや電気で動く給湯器で水を沸かすことができる。
電気代節約のためには、ガスとの併用が良いといわれているが、近年はオール電化の家も増え、総合的な電気代の節約に役だっている。
このため、電気で水を沸かすところが多いのである。

電気を使って水を沸かすのは、食生活でも同じである。
しかし、水を沸かすまでは時間がかかってしまう。
ウォーターサーバーであれば、常に水が湧いていたり、水が冷たい状態が作り出されていたりするので、温度が変わるのを待つことはない。
このことからも、暮らしにウォーターサーバーを取り入れるのは、とても暮らしや電気代節約に便利なものである。
冷たいものから温かいものへと温めるのは、それだけエネルギーが必要である。
このため、常に動かしているウォーターサーバーよりも、新しく水を沸かす方が、電気代がかかるともいえるのである。
また、ウォーターサーバーがあれば、突然の来客にも対応できる。
すぐに温かい、または冷たいお茶やコーヒーを出したいとき、適性温度の水がすぐにウォーターサーバーから出れば、お客様用の飲み物を出す事ができる。